TOPへ戻る

COLUMN

コラム

HTML5でないとSEOに不利なのでしょうか

HTML5はすでにリリースされてから数年が経過していますがHTML4より明確にSEOとして有利であるという結果が出ているわけではありません。しかしながら以下の特徴により検索システムに働きやすくなっていることがあります。

検索のためのタグが増えている

HTML5になっての大きな特徴としてタグの種類が増えたことが挙げられます。少しソースの話をしますが、例えば 「article」「section」「nav」というHTML5のタグは、いままで「div」タグ一つで賄えていたものをあえて種別を増やしたものです。その理由としてこれらを検索したときにより”目的性”を明確にするためのタグ、という位置づけだからです。 なので、これまで無造作に「箱」とよんでいたものを「ナビゲーション関連の箱」や「記事情報の箱」と呼び変えているということになります。 これはつまりGoogleの検索にとってより精度の高い検索を作成する際に有利に働くことになる。そのためSEOに有利だといえるでしょう。 ただし世の中にまだHTML5でないサイトも多くあることからHTML5以外のサイトが不利になるようにはできていないと思われます。しかし今後は間違いなくSEO的にも影響力が出てくることになるでしょう。

ソースが簡潔に表せる=読み込みが早い

HTML5は以前の記述方式に比べて(とくに冒頭記述において)大幅にソースが簡略化されています。また、HTML5は一部JavaScriptでしか表現できなかったものをHTMLによって再現することができる革命的なものになりました。いままでJavaScriptで書かなければいけなかったソースをHTML5の数文字で作成することができます。 これによってソースが簡略化されていままでより読み込み速度が早くすることが期待できます。Googleはページの読み込み時間をかなり重視していますのでこれはSEOにとって有利となる場合が多いでしょう。

お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ