TOPへ戻る

COLUMN

コラム

AMPへの対応について

GoogleがついにHTMLにもメスを入れました。
「Accelerated Mobile Pages」と呼ばれ、モバイルによる体験向上化を目指したプロジェクトが昨年から徐々に浸透し始めています。

AMPはスマホでの表示高速化を目指したもの

Googleは常日頃、モバイルサイトは軽量であるべきと提唱していました。
そしてついにGoogle自体がAMPという高速化の仕組を開発したわけです。AMPが発動すると、スマートフォンで表示する際に、表示が高速化されるわけで、実際に導入されたサイトを見てみると確かに体感で若干早く表示されているサイトが多いようです。
このAMPは予めHTMLソースにAMPのタグなどルールを記載する必要があります。
ただし、高速化すること自体はメリットなのですがもちろんデメリットもあります。

デメリットは導入の不便さとオリジナリティのなさ

このAMPを導入するにはHTMLの主要な部分を作り直す必要があります。その為既に作り上げたサイトをAMP化することは新規作成よりも困難であることが想定されます。
また、AMPは、画像や装飾を自動で簡略化する機能があるため、インターフェイス(見た目)が「AMPっぽい」サイトになります。具体的にはブログで使われているような簡易的な見た目に変化するため、オリジナリティは失われる事になります。
開発元のGoogleによると、このAMPを導入したことでのSEO的な有利不利という状況は発生しないとのこと。国内だと食べログなどの大手記事サイトが導入していますが、今後拡大していくかもしれません。


お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ