TOPへ戻る

COLUMN

コラム

中華?中華街でカレーが流行の兆し

名称未設定 1名称未設定 1 なんと横浜中華街でカレーが流行しているようです。流行しているのは横浜中華街の多くを占める広東料理店でのこと。 もともとはまかないとして出されていたものを常連客に出したのがきっかけだそう。 ここ数年で一般向けにもだされるようになり人気が上昇しているようです。

中華のカレーってどんなの??

中国料理とカレー??新しい料理なのかと思いきや、アジアンカレーを中華風にしたものからインド風カレーまで多様でルールは定まっていないながらも個性豊かな味を楽しめそうです。 6/20放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)「石塚英彦の通りの達人」のコーナーでは石塚英彦さんが 「中華菜館 同發本館」を訪れ、大人気の「パイコー(豚肉)カレー」を注文していました。 湘南、鎌倉、海軍に続き横浜中華街カレーもいよいよ来るか?! 「パイコーカレー」を口に運んだ石塚さんは「これ、うまっ! 辛さ的にはカレーは子供でも召し上がっていただけるくらい。このパイコーって天才的ですね。表面カリッ、中はウニュ~ですね。これはちょっと、デブタレ来れ!」と激賞した。 出展:中華街でカレーが密かなブーム! 石ちゃんも激賞した広東料理店の「パイコーカレー」|ガジェット通信

保昌 本館 (ホショウ)

具はトロトロの牛バラと玉ねぎのみというシンプルさ。でもこれが、美味しい。程よいスパイスの中で、玉ねぎの甘さが際立ち、スプーンでホロリと崩れる牛バラがたまりません。 出展:中華街で必食の丼 ④「牛バラ肉カレーご飯」|食べログレビュー

中華菜館 同發 本館

具はトカレールーにパイコーを和えてライスと一緒にかっこむ。
ウマいに決まってる。間違いない。
出展:カレーです!パイコーのせましょうよ、まさに中華街のカツカレー!でもホントは裏メニュー・・・|食べログレビュー

お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ