TOPへ戻る

COLUMN

コラム

世界初の3DCGシアター、横浜駅へ

150116_img_56079_1_top 株式会社相鉄アーバンクリエイツは、2014年12月25日に、世界初の3DCGホログラフィック専用エンターテインメント劇場を横浜駅西口に設立するプロジェクト「(仮称)3DCGシアター事業」の実施にあたり、実施協定書を締結した。 世界初の3DCGホログラフィック専用エンターテインメント劇場を建設 横浜駅西口に2015年春オープン予定 出典:株式会社相鉄アーバンクリエイツ ここでいう3Dというのはいわゆる今ある映画の3DやIMAXとは異なり、完全なるホログラフィック演出を可能にした新しいエンターテインメントステージである。 原則として舞台上には生身の人間は登場せず“CG映像のみ”の中長期公演を想定しているとのこと。つまり本当の演劇やライブではなく仮想的な映像を用いた舞台、音楽ライブ、ゲームなどを行うという。 このホログラフィック演出専用の施設は世界初の試みなのだという。 世界初が横浜駅西口にやってきたのだ。

やはり?!初音ミクファンは盛り上がり始める

以前からホログラフィックを使った初音ミクライブを横浜で行っていた

初音ミクのライブコンサート方式を考案しプロデュースしたワイドワイヤワークスが開発を進めていることで、注目は初音ミクに集中。 残念ながら初音ミク以外の用途に関してはあまり噂が出ない模様。 ちなみに春オープンの予定でしたが延期しているようです。 ■建設を担当する相鉄アーバンクリエイツのサイトはこちらから
http://www.sotetsu-urban.jp/

お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ