TOPへ戻る

COLUMN

コラム

夏の甲子園、神奈川代表が制す

2015年夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)の決勝、神奈川代表の東海大相模高校が宮城代表の仙台育英高校を8回までの同点からエース小笠原の9回の勝ち越しホームランを軸に勝ち越しに成功し優勝した。 神奈川としては第80回大会での横浜高校の優勝以来17年ぶりの全国制覇となり猛暑の中熱戦を制した東海大相模に祝福の声が相次いだ。

戦いを終えた東海大相模の選手がツイッターに相次いで現れる

■1番 小笠原慎之介選手 ■4番 千野啓二郎選手 あまりの反響に慌ててツイッターを始めた模様。 ■5番 磯網栄登選手:大会通算20打数12安打(チームトップ) ■8番 宮地恭平選手 こちらもこのタイミングでツイッターを開始したようですね

お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ