TOPへ戻る

COLUMN

コラム

Windowsを最新にする理由

最近Windows10への強制アップデートが問題になっていますね。 なんでもWindows10未満のOSバージョンではアップグレードが頻繁に告知され 7月29日までの無料期間が迫る中、 ついには半強制的な選択肢でアップグレードさせようとしていると言われています。 (何もしていないとWindows10になってしまうという報告多数)


一般コンシューマーからすると、Windows7で何も不自由していない、Windows8の二の舞いにはなりたくない、使っていたソフトが対応しなくなるのでは?。 という意見が多いですが実際アップグレードした人はあまり不自由していないという報告が多いです。(もちろん不満を感じているひとも居ます)

ウェブ界からするとアップグレードは支持したい

だってですよ、OSをアップグレードするということはセキュリティソフトをアップデートするのと同様、 時代に合わせたセキュリティ対応パッチとして導入すべきものだと考えるべきと考えているのです。 もちろんインターフェイスを一新していることで好みは別れるものですが 昨今セキュリティの問題が頻繁に多発している最中、もしPCから漏洩などの有事が起こった際に 「自分のOS、アップグレード止めてるんでセキュリティパッチも古いっす」 なんて通用しませんよね。 よく言われているのが「うちの会社のイントラネットがIE6でしか動かないから、、」とかいう話。 いやあそれはとってもやばいですよ。。サポートも終わった商品はハッキングされても自己責任です。

多くの人が同じものを使うこと

これも実はウェブ制作にとって大切なことです。iPhoneがなぜバカ売れしたか。それは皆がiPhoneをもっていたり iPhoneのグッズがAndroidより比較にならないほど多かったからという人も多いはず。 逆にAndroidは機種のメーカーやサイズや使い勝手も多種多様ですよね。 実はこれがホームページ制作の検証を行うときにとても厄介なのです、、。 OSもバラバラだし機種のサイズもバラバラなのでホームページの見え方もそれぞれです。(もっとバラバラなのはガラケーですが) なるべく多くの機種で確かめることになりますがそれでも一部にすぎないわけで。 皆が同じものを使えばいいのになあと思うことがよくあります。 だからみなさん、Windows10にしましょう!(笑)


お読み頂きありがとうございました。
記事:株式会社アカリデ