WORKSアカリデが提供するもの

SEOのためのHTML SEOエラーをなくすコーディング法 SEOに直結する表示速度改善策

どうも最近SEOに弱い気がする。以前は上位に来ていた順位が ガクッ と下がることが多くなった!
そんなときは「HTMLに致命的なエラーがある」かもしれません。

古いホームページはSEOに弱くなりがち

多くの制作会社にありがちなのが、記述にエラーが多いまま納品を急いでリリースしてしまうことです。もちろんエラーがあっても閲覧者が気づくことはまれなので放置されがちですが、このままにしておくとGoogleにSEOに弱いサイトとして順位を落とされることがあります。また、5年前の検索順位の基準と今の検索順位の基準は大きく変わりました。当時は大丈夫だったエラーも、今の基準ではペナルティ(違反)として大きく順位を下げる可能性があります。

モバイルサイトは表示スピードが重要

一般消費者向けのホームページではスマートフォンでの閲覧が大半を占めることがあります。数年前までは徐々にスマートフォンサイトを作ることが浸透してきたのですが今はスマートフォンサイトが無いと一般の方は嫌悪感を示して去ってしまう傾向が顕著です。また、モバイルはPCよりも通信速度が潤沢ではない場合が多いのでホームページ自体を軽くして表示スピードを上げることがユーザーにとって求められます。つまり単なるPCサイトの縮小では不足している場合が多く、読み込みの遅い画像をいかに使わないかを重視したデザインが求められる時代になりました。

SEOの目標設定方法

一口にSEOと言っても、どういったキーワードで上位を狙いたいのかで難易度が天と地ほど違います。例えば「ホームページ制作」の会社が「ホームページ制作」というビッグワードで上位を狙うためには10年かかるかもしれません。おそらくSEOの専門業者に相談したとしてもそういったビッグワードは結果が出しにくいため却下されるでしょう。どうして「ホームページ制作」だけでは時間がかかってしまうかというと、競合が多すぎるために更新力やドメインの古さ(≒事業年数)を考慮されてしまうからです。

最初から欲張らないSEOを始めてすぐにビッグワードは取れません。「○○区 ホームページ制作」や「ホームページ制作 医療機関に強い」というサブワードを狙っていけば1年~3年で上位を狙える可能性があります。SEOに強いアカリデ
アカリデからのコメント